日本一不便なキャンプ場


先日、日本で一番不便なキャンプ場というところへ行って来ました。北アルプスなどに上れば、文字通り不便なキャンプサイトばかりですが、世間一般のキャンプサイトでかつ不便さを売りにしていることに興味を持ったのです。山キャンとも呼ばれる、山でのキャンプならばそれなりの装備で出かけますが、一般キャンプ場の不便さが理解できなかったため、オートキャンプを行う時の装備で出かけたのです。そのキャンプサイトは殆ど情報がなく、行き当たりばったりだったのですが、日本一不便と言うのは、駐車場からキャンプサイトの距離のことを言っているようでした。そこが日本一不便とは思いませんが、昨今の便利すぎるキャンプ場とは一線を画していることは確かでした。駐車場に車を停めて、地図に従って歩き出したのですが、テントサイトまでゆうに40分はかかったのです。テントサイトはフリー区画であり夏休みだと言うのに他に誰も客は居なかったのです。もっと不便な場所はいっぱいあるよ、と思いはしたものの、日本一不便と書いておかないと昨今の便利すぎるキャンプサイト経験者からは苦情が出るのでしょう。もっとも帰りは、管理人の軽トラックに荷物を積んでもらい、運んでもらったので快適でした。荷物がないと森林の40分はあっというまです。そこにもう一度行って見たいかと聞かれると少々悩みますが、こういった個性的なキャンプができる場所は是非頑張ってもらいたいものです。